--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.2918:34

リフレッシュルームなど先行オープン 関空出国エリアがリニューアル(産経新聞)

 関西国際空港で改修が進められている旅客ターミナルビル国際線出国エリアで一部工事が終わり、24日、免税店やリフレッシュルームなど6施設が先行オープンした。最終的に従来の1.5倍となる約5500平方メートルに拡張し、「KIXエアサイドアベニュー」として来年3月にグランドオープンする。

 先行オープンは中央部分の約600平方メートル。菓子から雑貨、電化製品を取りそろえた日本土産の免税店や書店、ドラッグストアの3店舗と、シャワーやマッサージチェアが利用できるリフレッシュルーム、喫煙ルーム、授乳スペースや遊具の置いてあるキッズルームがある。

 この日のオープンセレモニーでは、シャンパンタワーも登場し、旅客らにシャンパンが振る舞われた。関空会社の竹内剛志副社長は「開港以来初めての本格的なリニューアル。国際線のひとときを楽しんでほしい」と話していた。

gz8xnmidyoxの日記ブログ管理ツール
ゲール語で日本のニュースを読む
クレジットカード現金化 即日
2ショットチャット
無料携帯ホームページ
スポンサーサイト
2009.12.2900:09

世界一清潔なトイレ=空の玄関「お客の気持ちで」-関西空港(時事通信)

 海外から日本の空港に到着した人々が、最初にお世話になる場所の一つがトイレ。関西国際空港は2009年、世界の空港を対象にした英スカイトラックス社の調査で「トイレの清潔さ第1位」に選ばれた。「お客の気持ちになって考えることが大事」。現場の細やかな気遣いと工夫が「世界一」を支えている。
 1位は06年以来。関空は05、07年も2位に入り、上位を維持している。
 旅客ターミナルのトイレは約90カ所あり、委託を受けた7社約180人のスタッフが清掃している。ターミナル1、2階のトイレは1日6回清掃。担当する「イオンディライト」(大阪市)の堀藤江さん(54)は「目に付く部分は当然として、見えない部分に注意している」と話す。 

【関連ニュース】
「心配掛けたね」「お帰り」=真下さん帰国、妻と再会
空の玄関、特殊加工でガード=関空が新型インフル対策

昔ながらの風邪予防
お父さん犬物語
クレジットカード現金化 即日
出会いランキング
カードでお金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。