--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.1709:19

DNA鑑定の証拠、警察署に冷凍庫配備し保管へ(読売新聞)

DNA鑑定の証拠、警察署に冷凍庫配備し保管へ(読売新聞)

 警察庁は、DNA鑑定を実施した証拠を保存する専用冷凍庫を、今年度内にも全国約1200の警察署すべてに配備する。

 政府が15日決定した2009年度第2次補正予算案に費用として約4億6900万円が盛り込まれた。DNAは長期間常温にさらされると劣化するおそれがあるが、冷凍すれば良好な状態を保つことができ、冤罪(えんざい)の可能性が浮上した場合などに実施される再鑑定に備える。

 冷凍庫はマイナス20度に設定され、鑑定を行った血液や遺留物などを保存する。

 全国の警察本部にはすでに配備されているが、容量が足りず、警察署で常温保存されているケースも珍しくないのが実情。1979年8月に栃木県足利市の福島万弥ちゃん(当時5歳)が殺害された事件でも、リュックなどの遺留品が約30年にわたって常温保存され、遺族の要望で栃木県警が鑑定を実施したが、DNA型は検出されなかった。

 変死体の検視強化のため、血液に薬物や毒物が含まれていないかを短時間で検査できる小型遠心分離器も全警察署に配備される。

fx2uurp1wyのブログ
ココログ
クレジットカード現金化
パチンコ攻略
クレジットカード現金化 即日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。