--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.3013:19

振り込め詐欺、携帯が感知=だまし文句認識、警報音-名古屋大教授ら開発へ(時事通信)

 振り込め詐欺の被害者が携帯電話による指示で現金自動預払機(ATM)から現金を振り込むケースが多発しているため、名古屋大(名古屋市)の武田一哉教授を中心とする研究グループが、犯人がよく使うだまし文句などを識別し、警報を鳴らすシステムを組み込んだ携帯の開発を始めた。富士通(東京都港区)や名古屋銀行(同市)なども研究に参加し、3年後の実用化を目指す。
 武田教授によると、会話などから特定の言葉を識別する富士通の音声認識ソフトをベースに開発を進めるという。警察庁からも、「事故」「警察官」「弁護士」「還付金」など、振り込め詐欺の犯人が頻繁に使う言葉のデータを提供してもらい、研究に利用する。
 また、犯人と会話している時の、被害者の声の調子や手の汗の量、左右の手で携帯を持ち替える回数などから、緊張や動揺といった異常を感知し、警報を鳴らすシステムの開発も進める。 

【関連ニュース】
振り込め被害、3分の1に=窓口対策強化で未然防止
コンビニ強盗52%増加=1~11月、詐欺は減少
最後の年金支給日に集中警戒=年末の振り込め被害減へ
現金引き出し役の顔写真公開=振り込め詐欺で情報募る
初めて1000万円下回る=還付金詐欺、11月の被害

さだおのブログ
null
パチンコ攻略
無料携帯ホームページ
ネイルサロン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。