--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.0714:07

平沼新党に閣僚は冷ややか「興味も関心もない」「期待していない」(産経新聞)

 平沼赳夫元経済産業相、与謝野馨元財務相らが新党結成を決めたことに対し、6日午前の閣議後記者会見で閣僚から冷ややかな声が相次いだ。

 亀井静香郵政改革・金融相は「平沼氏は郵政民営化反対で同一歩調を取ってきたし、積極財政派でもあった。(財政規律派の)与謝野氏と逆に近い立場だ。2人が手を組んだことにちょっとキョトンとしている」と疑問を口にした。自民党からの議員流出については「ふるさとがここまで荒涼たる状況になるのは寂しい」と述べた。

 菅直人副総理・財務相も「与謝野氏は比較的リベラルだが平沼氏はリベラルとは違う路線だ。郵政(改革)でもかなり立場が違う。違った政治的スタンスの2人が一緒になるのはかなり大変だろう」と路線の不一致を指摘。千葉景子法相も「どのようなことを目指して活動をするかがよく分からない」とした。

 他の閣僚も「感想はない。ああ、そうかという程度の話だ」(仙谷由人国家戦略担当相)、「興味も関心もない」(枝野幸男行政刷新担当相)、「期待していない」(前原誠司国土交通相)と冷ややか。

 ただ、小沢鋭仁環境相は「民主党の票を削り取っていく役割は大きい。参院選での(同党の)単独過半数を阻止するには極めて有効で脅威だ」と強い危機感を表明。北沢俊美防衛相は「大変厳しい道のりだが、決断されたことだから成功を祈る」と“エール”を送った。

【関連記事】
「あるとすれば良い影響」 民主・山岡氏が新党批判
慎太郎、小沢の影…与謝野&平沼新党の不可解、狙いは?
新党 二枚看板協調カギ 邦夫氏・鴻池氏見送り
「平沼新党」は邦夫氏外す 与謝野氏が譲歩
平沼・与謝野氏の新党名、4候補に絞り込む
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

高速道に上限料金=車種別、6月から-普通車2千円、軽千円・国交省(時事通信)
初値は16万円=第一生命が東証に上場(時事通信)
<スペースシャトル>山崎直子さん、物資移送責任者の重責(毎日新聞)
元妻刺し死なす=殺人未遂容疑、男逮捕-「復縁断られ腹立った」・三重県警(時事通信)
空き巣のベランダから隣へ 新手の空き巣横行 昨年から大阪市内で20件(産経新聞)
2010.04.0215:43

改正雇用保険法が成立=非正規、失業給付受けやすく(時事通信)

 政府提出の改正雇用保険法は、31日の参院本会議で民主、社民、国民新の与党3党と公明、共産両党などの賛成多数で可決、成立した。同法は週20時間以上勤務するパートら非正規社員が失業給付を受け取りやすくするため、雇用保険の加入要件である雇用見込み期間を、「6カ月」から「31日」に短縮。新たに255万人が受給対象になる見込みで、4月1日に施行する。
 また、厚生労働省は同法の成立を受け、失業給付に充てる雇用保険の料率(労使折半)を4月1日付で、賃金の0.8%から1.2%に引き上げる大臣告示を出す。これにより、月収30万円の労働者の場合、負担額は月1200円から1800円に増える。 

【関連ニュース】
雇用保険法改正案、衆院通過
求職者支援の恒久化検討=給付額、対象者を議論
施政方針演説要旨
施政方針演説全文
2次補正予算が成立=「二番底」回避を期待

「せんとくんカプチーノ」登場=奈良〔地域〕(時事通信)
<治安改善支援>紛争後に警察OB派遣 まずスリランカ(毎日新聞)
<佐世保小6殺害>事件報告書で人権侵害 弁護士会是正勧告(毎日新聞)
サリドマイドの処方期間、最大12週に延長(医療介護CBニュース)
郵政で閣内不一致、「女性スキャンダル」 鳩山内閣「火だるま状態」(J-CASTニュース)
2010.03.3108:27

神戸淡路鳴門道でトンネル事故、2車線通行規制(読売新聞)

 25日午後1時25分頃、神戸市垂水区の神戸淡路鳴門道・舞子トンネル(全長約3・3キロ)の上り車線で、乗用車が側壁に衝突し、その反動で車道の中央付近に跳ね返って、後続のトラックと衝突した。

 乗用車を運転していた男性が意識不明で神戸市内の病院に運ばれ、トラックの男性運転手も右足に軽いけが。トラックが横転するなどし、午後3時30分現在、3車線のうち2車線を通行規制しており、最長4キロの渋滞になっている。

 兵庫県警高速隊の発表によると、現場はトンネルの明石海峡側の入り口から約1・3キロで、緩やかな右カーブ。

シー・シェパード 監視船が下関入港 水産庁が調査(毎日新聞)
【集う】「ロシア初-現代日本絵画-日本の美展」記者会見(産経新聞)
足利事件再審 判決要旨(5)(産経新聞)
大阪市営地下鉄 相次ぐ人為ミスに頭抱える幹部(産経新聞)
来月、「密約」専門家に質疑=谷内前次官も調整-衆院外務委(時事通信)
2010.03.2803:22

コウノトリ 卵がふ化 2羽が誕生 兵庫・豊岡(毎日新聞)

 兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷(さと)公園は27日、同市百合地(ゆるじ)の人工巣塔(高さ12.5メートル)で、国の特別天然記念物・コウノトリの卵がふ化し、2羽が誕生したと発表した。ふ化は今季初めての確認で、4年連続のふ化成功。ひなは順調に育てば5月下旬に巣立つ見込み。

 ふ化させたペアは9歳雄と11歳雌。07年には、国内の自然界では46年ぶりにひな1羽を巣立ちさせていた。公園は2月23日、このペアの卵6個を確認。27日に研究員が高所作業車を使って巣を観察したところ、ふ化していた。ほかの卵4個のうち2個は割れるなどして死に、残る2個は有無が確認できなかったという。

 これまで自然界で巣立ったコウノトリは計18羽。今季は市内の他の四つの巣でも計13個の産卵が確認されている。【皆木成実】

【関連ニュース】
コウノトリ:帰って来て! 養父・伊佐小児童が巣台作り /兵庫
コウノトリ:出石のペアが、今年初の産卵 /兵庫
コウノトリ:17年ぶり福島潟に飛来 兵庫から巣立った雌 /新潟
コウノトリ:新潟市に飛来 北限、豊岡から460キロ /兵庫
コウノトリ:エヒメペア、2個目産卵 /兵庫

永ちゃん訴えたものまねタレントが敗訴 「ものまねは芸で評価」(産経新聞)
離党の鳩山邦夫氏「自民と共闘、十二分にある」(読売新聞)
韓国に不正送金で女4人逮捕=「現金運び役」初の摘発-埼玉県警(時事通信)
<小沢幹事長>副幹事長職を慰留、生方氏が了承(毎日新聞)
昨年衆院選、名古屋高裁も1票の格差「違憲」(読売新聞)
2010.03.2620:11

みんなの党・江田氏「権力闘争に国民は辟易」 新報道2001抄録(産経新聞)

 民主党の細野豪志副幹事長、自民党の石破茂政調会長、塩崎恭久元官房長官、平将明経済産業部会長、みんなの党の江田憲司幹事長が、自民党内で高まる執行部批判や民主党の生方幸夫副幹事長の解任問題について討論した。

 --どうしたら自民党が変わったと思われるか

 平氏「昔から見たようなメンバーが前面に出ている。党三役に若手の代表がいない」

 江田氏「1年ごとに首相を代えてきた自民党がまた同じことをやっている。党内の権力闘争に国民は辟易(へきえき)している」

 --自民党の若返りは民主党にとって恐怖か

 細野氏「それぞれの政党がしっかりして議論ができるのはむしろ望ましい。自民党には元気になっていただきたい」

 --与謝野馨元財務相は執行部刷新を求めている

 平氏「与謝野氏や園田博之前幹事長代理は、若手を登用すべきで、自分たちにやらせろと言っているのではない」

 --生方氏の解任問題は

 石破氏「わが党でこんなことで解任してたら役員は誰もいなくなる。国民が選んだわけでもない党の役職が支配し、国民の考えと違うところに権力が集中している」

 --財政再建重視の与謝野氏と経済成長重視の舛添要一前厚生労働相の歩み寄りは可能か

 塩崎氏「成長しながら財政再建をしないと将来の生活もまかないきれない。こういう二律背反の形での議論は不毛だ」

【関連記事】
全体的にダメージ-細野氏 生方氏の解任問題
【鳩山政権考】「愛なき結婚」の代償
揺らぐ沖縄 「少数の反対意見、独り歩き」
「自由なき民主党だ」 小沢氏の地元で大島氏
テレビにバッチリ映った!小沢“親衛隊”言論封殺現場
20年後、日本はありますか?

「陸」の慎太郎、西郷も認めた「節義の士」(産経新聞)
「離党・辞職否定、良くない」=小林議員進退で民主幹部と協議へ-鳩山首相(時事通信)
伊丹廃港決議案提出へ 大阪府議会 自民・公明両会派が合意(産経新聞)
普天間 米、現行案履行要求へ 下旬の外相会談 変更なら継続使用(産経新聞)
ホンヨモ!セッション 南沢奈央さん、読書の魅力語る(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。